P3,inc. ピースリー株式会社

   P3 would like to build a system while having fun. Pi! Po! Pa!

  • 旅行6_ホワイト
  • 旅行3_ホワイト
  • 旅行2_ホワイト
  • 旅行7_ホワイト
  • ビジネス4_ホワイト

HOME ≫ P3が推奨するシステム化への道 ≫

P3が推奨するシステム化

システム化においてP3のメンバーがユーザー時代や大手ベンダー時代に学んだこと


以下は、当たり前のことですが出来ていないお客様が多い!


      ・初期段階で最終到達点(あるべき姿)を明確にする。
      ・段階的(半期毎)な目標設定と投資設定を行う。
       ※初期での高額投資設定は禁物です。
      ・経営に直結する金の効率を第一優先に考える。
      ・「あれば便利」は絶対行わない。
      ・会計、原価を念頭におき周辺システムを構築する。
      ・業務をERPに合わせ、ERP機能の中で運用する。
      ・システムベンダーとはなるべく委任契約で締結する。
      ・議事録係のベンダーは排除する。

上記を踏まえた、とあるお客様のシステム化の取組み(その一)


  ◆明確なビジョン:将来生き残れる生産工場(競争力のある原価を創出できる工場)
    1.従来の考え方・手法を徹底的に見直す。
    2.企業活動の全てを総勘定元帳に記録する。
    3.在庫管理の徹底(在庫管理ポイントを財務会計に合わせる)
    4.計画段階で儲かる儲からないがわかるシステム(原価シミュレーション)

  ◆実行
    ・半期毎に段階的成果を実現(そのひとつとして、世界に誇れる驚異的な棚差)
    ・EXCEL管理廃止による業務効率UP
    ・破格な導入コストで実現

上記を踏まえた、とあるお客様のシステム化の取組み(その二)


  ◆クラウドシステムの利点を考えた活用
   ・クラウドシステムに合わせたシステム要員配置(要員削減)
   ・週2回程度の訪問による導入費用圧縮
   ・「あれば便利」の徹底排除(アドオン、カスタマイズ排除)
   ・パッケージに合わせた運用(バージョンUP追従による陳腐化防止)